無宗教スタイルのお葬式でも気軽に依頼できるのが多摩市

合掌をしている男性

増え続ける家族葬

数珠

昔は葬儀を執り行うともなると近隣にも知らせましたし、勤務先にも報告をしたものでした。しかし最近では出来るだけ親族のみで執り行う、家族葬が増加をしています。そのほうが静かに故人を見送ることができますし、コストも抑えることが出来るというメリットがあります。斎場も家族葬向けのところが増えてきました。大規模なところが不要になりつつあります。
生前に自分の葬儀の際には家族葬で、と希望をする人も多いです。家族葬であれば、亡くなった時の顔を他人に見られることはありません。生前の元気な顔だけを覚えておいてほしい、という人は結構います。葬儀を執り行うと一般の参列者にも亡くなった時の顔を見られることになってしまいます。そういうことを避けるためにも、家族葬のほうがいいのかもしれません。
香典返しも家族葬であれば決まった数しか用意をしなくて良いので、無駄を省くこともできます。盛大に送り出して欲しいと考える人もいるかもしれませんが、昔とは違ってきていますし、こじんまりと行ったほうが周りの目を気にすることもなく、泣くこともできるという親族の安心感もあるのかもしれません。ただ、後日逝去をしたことを知った人が個別に弔問に訪れるという可能性もあるので、その対応は面倒になることも考えられます。

pick up

数珠

増え続ける家族葬

昔は葬儀を執り行うともなると近隣にも知らせましたし、勤務先にも報告をしたものでした。しかし最近では出来るだけ親族のみで執り行う、家族葬が増加をしています。…

御霊前

葬式の葬儀社選びで大切なこと

社会のシステムや様々なサービスが多様化する現代において、葬式のスタイルも多様化しています。最近注目されている葬式のスタイルと言えば、近親者のみで行う家族葬…

祭壇

お金の管理にはらはらしました

数年前、義理の父親が亡くなりました。朝方に亡くなったのですが、葬儀会社にお願いをし、その日の夕方にはお通夜、翌日の午前中にお葬式を済ませました。こんな短か…

菊

お葬式で掛かる費用の相場はどれくらい?

お葬式は、その規模や内容によって必要になる費用は大きく異なります。自分や家族のお葬式には一体どのくらい必要なのか、その相場を知っておくと準備の目途が付くで…

article list